最新デザインの楽々スタイル・Smartサーバーの口コミです!

最新デザイン(Smartプラス)のコスモウォーターが我が家に来た!

全体感

 

コスモウォーターの詳細と申し込みはコチラ

 

コスモウォーターの最新機、おしゃれなスマートプラスタイプが届きました。

 

水ボトルの設置がサーバー上部でなく下部なので、水を持ち上げる必要がないのが特徴です。

 

コスモウォーターの特徴

  1. サーバーレンタル無料で、かかるのは水代だけ
  2. 90℃の熱湯と5℃の冷水がいつでも出る
  3. 置き場所を取らず、ごみ処理もらくな使い捨てウォーターバッグ方式
  4. 水装着はサーバー下部なので、持ち上げる必要がない
  5. 最新Smartタイプはデザインがおしゃれ

 

色々な商品を調べましたが、スペック(機能)面ではコスモウォーターが最強と言っていいです。

 

最新のSmartプラスタイプではデザイン面でもトップに立ちました。

 

スマートタイプの発売を待って、ついに手に入れたので、実情を報告します。


水ボトルはサーバー下部に装着

最新のコスモウォーターサーバー「らく楽スタイル」の機能面でのウリは、水ボトルが下に付くことです。

 

「下に〜下に〜」という大名行列のTVCM(成宮寛貴出演)の訴求ポイントも、水が下につく点。

 

普通は上ですね?

 

ガロンタイプのボトルなら12キロの水の入った容器を胸の高さかそれ以上に持ち上げないといけない。

 

女性や年配の方には水の交換が大変です。

 

コスモウォーターは、水ボトルを持ち上げる必要がない、画期的なサーバーなんです。

 

水ボトルの交換手順

水装着

 

箱からボトルを出します。

 

小さくたたんでプラごみに出せる使い捨てタイプ(ワンウェイ)。

 

その一方でワンウェイ方式をとっている他社のボトルやウォーターバッグより素材に適度な強度があり、破れにくいです。

 

サーバー下部に入ってるバケツを出してきます。

 

水装着

 

バケツをボトルの横からかぶせた後、立てます。

 

水装着

 

サーバー下部の引き出しトレイにバケツを載せて、奥に押し込みます。

 

ボトルの口に水の吸入棒が差し込まれて、これで完了です。

 

コスモウォーターの詳細と申し込みはコチラ

水が選べて、料金は水代だけ!

ウォーターサーバーで提供される水は、天然水とRO水の2種類があります。

 

水の種類をどれにするかが一つの悩みどころです。

 

天然水とRO水

水の大別種類

水の説明

提供しているウォーターサーバー
天然水 湧水や地下水 コスモウォーター、フレシャス、富士青龍水、ワンウェイウォーター等
RO水 水道水をRO膜(逆浸透膜ともいう、ウイルスさえ通さない細かい穴が空いた膜)で濾して純水にし、ミネラルを添加したもの アクアクララ、クリクラ等

 

コスモウォーターで提供している水

コスモウォーターが提供しているのは天然水です。

 

採水地は静岡・京都・大分の3か所で、鮮度を優先するために最寄りの採水地から届けられます。

 

採水は地下深くから毎日くみ上げており、48時間以内に出荷されます。

 

外気に触れにくい「密閉型ワンウェイボトル」に瞬時に封入するため、輸送中に臭みが出たりすることもありません。

 

料金システムも水代だけというシンプルさも、このサーバーを選んだ理由でした。

 

他社の料金システム例

業者名

サーバーレンタル費

水代

メンテナンス代

アクアクララ 1,050円

 

1本12Lが1,260円(自社配送)

 

クリクラ 有料 有料(年1回発生)
コスモウォーター

 

有料(宅配便・送料込)

 

 

コスモウォーターの詳細と申し込みはコチラ

1ヶ月の電気代は?

ワットモニター

 

ウォーターサーバーの電気代について気になる人も多いようです。

 

ワットモニターという装置で直接計測してみました。

 

サーバーのプラグとコンセントの間にはさむことで、個別の電気機器の消費電力を計測できる装置で、数千円で買えます。

 

写真はちょっと見にくいですが、1日あたり24.99円を示していますね。

 

約25円とみて、1ヶ月の電気代は 25円×30日=750円。

 

これは歴史的猛暑だった2013年8月のデータなので、春秋はもっと低いと思います。

 

また、エコモードという節電モードが設定できて、簡単みたいなのですが、面倒くさくてまだやってません(笑)

 

だからもう少し下がるはずです。

 

いずれにせよ、電気代が大きく問題になるような装置ではないということです。

 

コスモウォーターの詳細と申し込みはコチラ


デザインも今一番優れている!

コスモウォーターの「らく楽スタイル」サーバーの中でも最新機が「smartプラス」タイプ。

 

この機種の登場により、コスモウォーターは機能面だけでなく、デザイン面でも業界トップに立ったと思います。

 

例えば、次の写真は昔からあるガロンボトルを上に装着するタイプ

 

従来のガロンボトルタイプのサーバー(他社)

ガロンボトルタイプサーバー

 

まあ、何を優先するかは人それぞれですが、「業務用機器」っぽいのが、部屋のインテリアの調和を乱すのがイヤな人も多いようです。

 

でもコスモウォーターの楽々スタイル・Smartタイプはめっちゃくちゃオシャレです!

 

従来の3色に新たにウッドが加わって4色になりました。

 

コスモウォーターの新サーバー・Smartプラスタイプ

コスモウォーターSmartプラスの選べる4色モデル一覧

 

スペックや料金面では、他社比較でとても優秀なコスモウォーターがデザインでもトップクラスになったな、と思い、一度使ってみることにしたのです。

 

2017年度グッドデザイン賞を受賞しており、客観的に見てもカッコいいサーバーであることは確かです。

 

コスモウォーターの詳細と申し込みはコチラ

1ヶ月あたりの費用の目安は?

サーバーレンタルは無料。

 

かかる費用は水代だけなので、とてもわかりやすいです。

 

これ以外には、サーバーの電気代が月700円くらいです。

 

家族数

平均消費量

月額費用(水の銘柄による)

1人

2本(24L)

3,696〜3,990円

2〜3人

3本(36L)

5,544〜5,985円

4人

4本(48L)

7,392〜7,980円

 

RO水サーバーの代表格との比較

RO水(水道水原料)のアクアクララの場合で、12Lボトルを4本使うと月額は次のように。

 

サーバーレンタル費1,050円+水代1,260円×4本=6,090円

 

コスモウォーターが天然水ということを考えれば、十分安いと思いますね。

 

コスモウォーターの詳細と申し込みはコチラ

ほかにはフレシャスがおすすめ!

サーバー写真

 

電気代70%カットの新機種フレシャスdewoの期間限定キャンペーン情報はコチラ

 

コスモウォーター以外では、以前に使っていたフレシャスがおすすめです。

 

コスモに変えたのも興味があっただけで、フレシャスに別に不満があったわけじゃないですから。

 

フレシャスのポイント

  • 富士山麓のバナジウム入り天然水
  • サーバー無料・水代のみのシンプルな料金体系
  • 水バッグは使い捨てで、交換の体力も楽
  • サーバーのデザインがおしゃれ

 

特徴はコスモと似てるのがわかりますね。

 

水は1種類で選べませんが、おいしさではコスモウォーター以上のものがありました。

 

デザインがおしゃれですが、これはフレシャスが業界に先駆けてやっていたものをコスモウォーターが追い付いたものです。

 

だからサーバーのデザインはちょっと似ていますね。

 

ただ、カラーはコスモウォーターが明快なカラーなのに対して、フレシャスはくすんだシックな色合いです。

 

ウォーターバッグ方式

ウォーターバッグ

 

フレシャスも水交換がラクで、女性や高齢者にもおすすめしやすい機種です。

 

コスモウォーターでは水を足元に設置してポンプで吸い上げる方式を取ったの対し、フレシャスでは小型のウォーターバッグを上部に設置する方式でこの問題を解決しています。

 

コスモと比べたフレシャスの水交換方式のメリット

  • 水を吸い上げるポンプ音がしない
  • ゴミは小さく折りたためて処分がラク

 

コスモは水を使った後にポンプが吸い上げるので、音がします。まあ、ほんの数秒だし、小さな音だし、気にするようなものではないですが。

 

ゴミ処理のラクさでは、明らかにフレシャスの勝ちですね。

 

ただ、サーバーへの水装着はコスモの方がちょっとだけ簡単です。

 

もう、あとは好みの問題ですね。

 

電気代70%カットの新機種フレシャスdewoの期間限定キャンペーン情報はコチラ

 

フレシャスの使用体験レポートはコチラ


【PR】

▼ココをタップ▼

RO水派なら最大手アクアクララ

【宅配水シェアNo.1のアクアクララ】新規ウォーターサーバー申込促進